風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

セイルの開閉を操作する糸の引き回し経路を変更

風上にのぼるときに、よりクローズホールドに近くセイルを引き込めるはず。
左側がマスト位置で風上方向側。

モーターの固定の仕方も見直したから、もう少し安定するかな。リップスティックのシャフトだから片持ちじゃなく両持ちにし易いんだね。思いもよらず役に立った。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930