風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

プログラムのお勉強

作らせてもらうことになった振動測定機。センサの仕様ではMaxで4000Hzで値を取得できると書いてある。で依頼主さんから、ひとまずMaxの頻度で取得してみよう、と希望された。こちらプログラミングの素人につき、プログラムを回して画面に吐き出されたデータ数で安直に判断してしまった。「1秒間で何個データが出力されました〜。」なんて。

データの出力速度の設定や、プログラムの回し方、処理と出力のタイミングで全然速度が変わるのですね。センサの仕様書見ても、どの機能を使うかの設定もいろいろあり。さっ、お勉強させていただきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031