風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

久々にヨット屋さん訪問


ヨット形状の意見を伺いたく、久々にヨット屋さん訪問。やっぱり同じこと言われた。セイルが振れてきれいに風を受けられていない、と。ほぼ即答。
その他、気になった点も相談して改善の方向性が得られた。
セイルにしっかり風が入って、キールが機能すれば、船体形状はある程度許容される、とも言っていた。
8号機の途中の姿も見てきた。ブームに取り付ける金具の検討で止まっていたとのこと。今年度は間に合わないから、来年度活躍してくれ。

千波湖も見てきた。予報で風の強さは赤だったのに穏やかなこと。別なリスクとして鳥にいじめられないか?が気になった。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930