風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

2つのモーターで3つのセイルを操作する方法

都合により各パーツのスケールがアンバランスです。

下に敷いた青い紙は水面のつもりです。
寛大な気持ちと想像力でご覧下さい。

進行方向に合わせてメインセイルの角度を決定し、進行方向側のサブセイルで直進性のバランスをとります。

まだできていませんが、受けた風などでエネルギーを自給できるようにしていきます。
すると水上で放りっぱなしにできるでしょ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930