風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

arduino モーターとサーボとの組合せ

次の開発機でarduinoの1枚でモーター1つとサーボ1つを使おうとしている。モーターは東芝のTA7291Pのモータードライバーで制御の予定。最初はモーターへの電圧を4番ピンのVrefで調整しようとしていた。でもスケッチを組んでもモーターが回らない。同じ機器構成で、ネットに落ちているサンプルコードで動かすとモーターはちゃんと回る。「2つのスケッチの違いは~??」と探していると、サーボモーター操作の部分を除外するとモーターが動いた。調べたけど意味分からん。

いろいろ探していたら、モーターの回転をVrefじゃなくてPWMで調整する方法も見つかった。ひとまず試してみる。今度はサーボ制御を殺さずにモーターもちゃんと動いた。ひとまず良かったけど、何でだろうな~。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930