風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

水産関係の研究成果発表会を聞く

国立研究開発法人 水産研究・教育機構 の成果発表会を聞きに行きました。

内容を見ると、ロボットによる魚釣り機や、離島の再生可能エネルギーを利用した漁船の検討などおもしろそう。
以前に茨城県神栖にある水産工学研究所にお話を伺いに訪問したことがあり、対応してくださった部長さんも今回発表されるということもあり。
部長さんには事前に「誰か絡めそうな人紹介お願いします」とお願いしておいた。

離島の漁船の件が、その部長さんの発表だったのもあり、費用効果のインパクトについて質問させてもらった。
全体の発表後、部長さんがマリン関係機器の会社さんや研究機構の人をたくさん連れてきて紹介してくださって。予想を超えた名刺交換会ができた。
部長さん、ありがとうございます‼
研究の方でも「海のデータ取得は費用が高く、人工衛星で見ても結局現地の補正が必要で・・・」と私と同じようなことを述べられていた。

なんとか動くものを作って、協力に漕ぎつけられるといいな。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829