風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

最近お世話になっている造船屋さんと打合せ

船体がなんとかなりそうな気がしてきたので、セイルとか上モノの相談をしたところ、ご近所の海技学校の人を紹介してくれた。話が操船の技術的なところになり、再び次の人へパス。渡された携帯番号は何と、昔、日本丸あたりの船長相当の人だって!恐る恐る電話かけてみたら、とても優しそうな方。でも、帆船とヨットでは違うかも、と本日何度目かのパス。結局、神戸の人にメールでコンタクト中。
今日はよく頑張った。

せっかく頑張ったのでもう少し挑もうと、以前に造船屋さんに教わったヨット屋さんに初電話。いきなりの話だったけど会って下さることに。その名も”ヨットマン”という会社。茨城町にある。
社長さんが私の妙な話を聞いてくれて、おそらく協力もお願いできそうな感触。費用の話はしてないから、まだなんともだけど。後日、仕様を詰めて改めて相談。

実体は進んでないけど、進んだ気持ちになった。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031