風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

今日も風下に流された

リモコン操作にて。準備したセイルが船体に対して大きすぎて、急遽端材で小さいセイルを準備。
セイルを操作して風向に対して左右に動く。風向は画面左側から。風波が立つと船体が小さいので煽られ、風下に流される。
水面の穏やかな時に、セイルの形状を変えて再トライか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31