風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

浮体式水平横軸風車の特許査定が出ました

浮体式風車の画像

予てより開発していた浮体式風車の特許査定の通知がありました。まだ手続き残っているけど、晴れてお墨付きです。

通過儀礼(?)の拒絶通知にハングルの文書が送られてきたのには参ったけど、説明して意見書出したら補正しなくてOKだった。裏を返すと国内のみならず、世界的に初ってこと?

風車の教科書を見るとまず、「水平軸型と垂直軸型の2種類があります」って書いてあって、でもこれはそのどちらでもない。当人は、オセロでいうところの今までなかった新しい隅を作って、そこをゲットした気持ちと浮かれ気味。それとも、取得しても意味のない理由でもあるのかという不安も若干。

来年3月に東京ビッグサイトで行われる”国際風力発電展”に出展します。これ持って。
募集締め切り前では特許になるか分からなかったけど、勝負してみた。
直径100m超の風車メーカーが居並ぶ中、小さいの持って乗り込んできます。
こっちの方が実物よく見てもらえるもんね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031