風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

次機はマストを3本立てようとしている。

ウィンドサーフィンしている時はマストを傾けられるから、1本でも艇の上でのパワーバランスを調整できる。けど、無人機はそれをしようとすると大変だから、メインセイルの他に前後にセイルを配置して、それを加減してバランスをとろうとするもの。
間違ってないだろうな、と思いつつ念のための確認。

以前にセイル一本で動かした時は、微風ながら風上を向きがちだったから、オールで調整して方向を修正していた。

モデルで再現したのがこちら。

アビームを確認してリリースしたのに、風上を向いてしまう。

そこで、進行方向前側にもう一枚セイルを立ててみる。
メインセイルと同じく45度の角度。

すると今度は前側が重くて、すぐにベアして下に流される。

ということで、前側にセイルを立てて、開き具合を加減することでバランスをとれるポイントが存在するはず、ということを確認した。

今回は久々のOKYA3号機の再登場。
この日は8.4m2のセイルサイズでプレーニングしている人がいる程度の風域だった。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930