風が吹いている限りエネルギーを自給できる「ヨット型ドローン」の開発奮闘記です

menu

ヨット型ドローン開発奮闘記

風車用チャージコントローラ到着と端子接続

風車チャージコントローラとその配線の画像

Amazonで発注していた風車用チャージコントローラが届きました。
3/30に手配して本日4/7到着なので、1週間ほどかかりました。
思ったより早くてありがたいです。

手持ちの風車用発電機は三相交流で出力されます。太陽光発電機は直流で出力されるのでそのまま使えません。

取扱い説明書は付いてきましたが、中国語のみでした。
iphoneの中国語翻訳アプリを試すことになりました。
でもOCRで読み込んで、なんとなく意味が分かるレベルには翻訳できているところ、すごい!恐るべし。

風車発電機の取説の画像

でも結局、Amazonの商品説明画面で十分分かり易かったですかね。
緑の3本線が風車発電機と、直流の赤黒線がバッテリーと接続。
緑の若干細い線は風車の手動ストップ用で、バッテリーの正極と導通すると風車が止まるそうです。回転中に急にストップさせて大丈夫なのでしょうか???
下の写真で、ちょっと配線が重なって見にくいですがスライドスイッチを入れて手動ストップができるようにしてみました。

風車チャージコントローラとその配線の画像

チャージコントローラと発電機への接続用のコードにギボシ端子を取り付けました。平型端子は配線同士の接続のみならず、バッテリーとの接続にも使えそうです。差し込めたのですが、ピッタリ過ぎて引き抜くのが大変だったくらいです。

バッテリー端子の画像

ギボシ端子接続は不慣れで、何度か絶縁キャップを先に配線に通すのを忘れて「ギャ~!」と独り言ちていたのは私です。泣く泣く端子を切断して、新しく付け直しました。

ギボシ端子の画像

どんな感じの発電具合になるんでしょうね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031